FC2ブログ

ナバテア人の壁画

2019年04月21日 12:58

20190421

ジープツアーに申し込んで良かった。

砂岩の元に遊牧民族ベドウィンが経営している

テント施設に今夜は泊まれる。

温かいシャワーや食事をする施設も付いている

ので安心だ。



月の谷と呼ばれているワディ・ラム砂漠には、

もちろんお店はない。

飲み水を購入する場所がないので、

温かいシャワーが付いているのは有り難い。



私はコンテナのような部屋を借りた。

1人用のコンテナの中には病院にありそうな

ベッドと小さい窓、

充電用のコンセットと明かりが1つある。



私たちは荷物をバンガローに置き、

少し休憩した後に

遺跡を案内してもらう事になった。



キャンプ場まで連れて来てもらえる快適なツアー

だから暑い日差しの中でも安心して移動できる。



ガイドさんはワディ・ラムにある

遊牧民ナバテア人が当時書いた落書きの壁画を

案内してくれた。

まだ、文字が生まれる前の時代だから、

人や動物の形を描いている。



この壁画が描かれたであろう時代は、

だいたい日本の弥生時代の頃で、

同じ時代にナバテア人は貿易をしていた歴史があります。



シルクロードを渡って文化や文字が生まれ、

日本に伝わってきた歴史を考えると、

不思議な思いになる。

ナバテア人はこの壁画で何を伝えたかったのだろう?



私はこの壁画を見て、

人間と宇宙人との交流を伝えたいのかな?

と思った。



ガイドさんはワディ・ラム砂漠にある

砂岩の特別な場所を次から次へと紹介してくれた。



ガイドさんは

「この砂漠にはもっと紹介したい場所があるけれど、

君たちには時間が足りないね」と

言っていた。

私たちには時間がないと来て直ぐに感じた。

ここは砂漠の中だけど、

知るには足りない場所が沢山ある。



いくつもある砂岩を周っても

私には全てが特別な場所に感じて時間を忘れてしまう。

砂岩全体がロゼッタ・ストーンのような辞書のように見え、

私に何かを伝えてくるようなエネルギーがある。

月の谷と呼ばれる砂岩と砂岩の間を歩いている途中で、

学生たちが急に鳥肌が立ち出したと話していた。



ツアーの仲間に今私が感じている事、

私が視えている事を伝えても

彼らには私と同じようには感じていない様子だった。

「なんの事?」

って感じで

同じ場所にいるけれど、

私だけ違う世界を視ているようだった。

私だけ不思議な空間の中に

いるのかな?



あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
https://aj-jp.themedia.jp/

▼オフィシャルBLOG▼
https://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tomokomizoguchi.blog.fc2.com/tb.php/741-c6cdd7af
この記事へのトラックバック