FC2ブログ

寄付は正義?

2018年06月07日 22:22

20180607

イスラエルの旅をなかなか綴れないのですが、

ユダヤ人から学んだ教えを分かち合いたいと思います。



イスラエルでまず学んだ事は社会貢献についてでした。

収入を得た分の約10%〜30%

何かしらの寄付にお渡しする習慣があります。



私がテルアビブに着いて、

まず友人から教えられたのも寄付です。



私と友人は2人で道を歩いていると、

若い学生の女の子達が

ピザハットのような箱を持って歩いてました。



友人は突然その女の子達にヘブライ語で

話掛けていたので、

友人の友達だと思っていました。



すると、友人は

「この子達は恵まれない母子家庭への募金活動をしていて、

手作りのブラウニーを売っているんだよ。」と言って

初めて会ったその女性達にお金を手渡しました。



私はあまりに突然の出来事だった事と

知らない人から手渡されたブラウニーに困惑。



誰がどんな形で作ったか分からない

道で売ってるブラウニー。



募金でなかったとしても普段は手にしないブラウニー。



友人はニコニコしながら

そのブラウニーを食べている姿に戸惑う。



ブラウニーを食べたくないとは言えずに

恐る恐る食べた私。



なぜ?ユダヤ人は寄付が習慣なのか?



それは、

「ユダヤ人は人を助ける事が

自らを助ける事に繋がっている」


事を知っているからです。



私は、この寄付の循環を

本田健さんの本などで学んではいましたが、

実践の場を目にしたら動けない自分がいました。



以前、私は寄付をしていたアフリカの団体があるのですが、

そのアフリカの団体がFGMを止めていない事実を知って、

寄付を止めた経緯があります。

※FGMとは女性割礼儀式の女性性器切除



私は寄付をするにはそのお金の流れをしっかりと調べた上で

寄付をする事を心掛けるようになりました。



寄付と言っても

経費と言って100%寄付金が渡されていない事があります。



本当に悲しいのですが、事実日本には沢山あります。



イスラエルで再び学んだ寄付への実践学習が、

私の意識を少しづつ変えるようになりました。

今は美しい海を取り戻す活動

「プラスチックゴミから海を守ろう」を応援しています。



皆さんは日頃から寄付を意識していますか?



あなたはあなたらしく。
あるがまま、そのままで大丈夫。
全てうまくいく☆彡
今日も読んで頂きありがとうございます


私のFACEBOOK登録お願い致します*+~
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ひとりひとりの幸せへと導くコンサルティング
サロン エイジェイ

溝口智子

問合せ先:tomokomizoguchi@gmail.com

▼オフィシャルHP▼
http://aj-jp.com

▼オフィシャルBLOG▼
http://tomokomizoguchi.blog47.fc2.com/

▼INSTAGRAM▼
https://www.instagram.com/ajtomoko/?hl=ja

5日間で新しい自分なりたい方へ
▷▶︎▷▶︎▷▶︎リコネクティブヒーリング
      遠隔リコネクティブヒーリング
▷▶︎▷▶︎▷▶︎リコネクション

リコネクション日本の公式名簿
東京に溝口智子として登録
http://reconnecting-japan.jp/?page_id=6497

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://tomokomizoguchi.blog.fc2.com/tb.php/685-a124fb6c
この記事へのトラックバック