FC2ブログ

肩書に迷う

2016年01月29日 23:10

20160129
写真は、小さい頃からお世話になっている病院に掛けられてる

ゲーテの言葉。



私はこの仕事を始めてから肩書に悩まされる。

今も新しい名刺を作ってるけど、

ヒーラーでも先生でも占い師だとも思っていない。

そのように呼ばれることに違和感を感じる。



写真を頼まれれば写真家になったつもり。

絵封筒作りや絵を描くのが好き。

最近トロンボーンも再活動した。

植物が好きだから、観葉植物を育ててる。

動物好きだから、動物園に観察しに行く。

旅行好きだから、命掛けた旅にでる。

スキューバーダイビングも時々する。

海で瞑想もする。

海外から友達が来たら、ツアーガイドのふりをする。

芸術が好きだから、サーキュレーターの集まりに参加する。

宇宙や星が好きだから宇宙塾に行く。

これからもやりたいことが沢山だから、

肩書になりそうなことが増えそうだ。。



これ全てを私の仕事です。って説明したら、

肩書は何だろう?

フリースタイラー?



私は私。

人がどのように思ってもいいのだけど、

初対面の人に1番分かりやすく説明するには必要なのだろう。

皆さんは肩書必要ですか?




● 遠隔リコネクティブヒーリング 営業時間外も可能です。
● 2/6と2/7 名古屋駅近くのホテルでセッション可能です。
● 2/8 大阪駅近くのホテルでセッション可能です。

お時間や場所はメールでお問合せ下さい。
tomokomizoguchi@gmail.com


太陽

2016年01月14日 23:50

20160114.jpg
小学生のお習字の時間に私が書いた太陽です。

写真下の文字を読んで過去の記憶を少し思い出しました。

私は習い事でお習字にも通っていたのですが、

姿勢を正し字を書くと、

頭のてっぺんから光が入ってくるような感覚がありました。

当時、学校の友達に言うと、理解してもらえずドン引きされたり、

時々聞こえたり、見えたりすることも含めて話す度に、

友達にいじめられていました。

唯一、私の話を信じてくれているのが、

私の母でした。

今だから分かるスピリチュアルの世界の話は、

あの頃、私の周りの人達は未知の世界。

母はいつも私の見方でいてくれ、

体調がすぐれない時も何も言わず受け入れてくれました。

私は母がいなかったら、

自分に起きていることが怖くて、

ここにいなかったかもしれません。



私の経験上の同じような体験をしている人の話を聞くと、

だいたい18歳ぐらいまでの純粋な子供は、

同じように5感以上の感覚が鋭くなるようです。

中には、幽体離脱を経験する子供もいます。

このような体験をしている子供さんや、

そのような子供の周りにいる大人は、

心配しないで欲しいです。

ただ、愛で受け止めて下さい

困った場合はいつでも私に相談ください。

子供の頃

2016年01月13日 18:29

20160113.jpg

この絵たちは、私が小学校時代に描いた作品です。

今は、人間がこの地球に生きている意味を理解していますが、

私が子供の頃は頭の中に見えているだけで説明ができませんでした。

説明が上手くできないけど、感じたままに大人や友達に話すと、

あの子ちょっと変な子。と言われていました。

今の小学校はどうなのか分かりませんが、

私の時代では、皆と同じが正解と思われていたので、

私はなるべくおとなしく黙っている必要がありました。

私の学生時代の記憶がほとんどないのは、

こういった経験があったからかもしれません。

けれど、私にもその頃の友達は今でもいます。

2人だけですが、どちらも私と同じく独立した仕事を持っています。

私達は似たような部分があり、変わった子供でした。



実家に帰って、お習字や作文、絵を見ると、

どの作品にも今の私への純粋なメッセージがありました。

右上の絵は地球を選んで降りたとうとする魔女達。

右下の絵は私が幼稚園の頃から頭の中にある天国。

当時は天国だとは分からず、

いつも頭の中にあるから描いていただけでしたが、

今の私はその映像の記憶もあり説明ができます。

虹と自然の中で動物と共に生活する人間の世界。

よく見ると三途の川まであります(笑)


明日は私のお習字の作品をご紹介致します(^◇^)

もし、今誰かに「変わっているね」と言われていたら、

チャンスだと思って下さい。


それがあなたの特技で才能です

自分を信じて生きてください

自尊心を高めるため

2015年12月29日 23:49

20151229

本を出版すると決めてから、

時間があれば自分と向き合っています。

ほぼ、リラックスした状態で会社への営業はしてないんですけど^^;

新しい人に会って自分の気持ちを話すだけでも、

夢に1歩近づいたなという感覚になっています



ただ、今回は自分の恥ずかしいと思っていた過去について、

ブログを通じて話そうと決めました。

今までも逃げられない自分の観念(思い込み)に気付いては

いたのですが、皆さんに話すべきではないと思っていました。



まず、私はプライベートも性格もほぼ学生のような気分でいい加減です。

この仕事をしている以上、真面目に見せなければと思っていたので、

恥ずかしいプライベートを公表することもなくなりました。

では、今思いつく限り公表させて頂きます



● 飲み過ぎて転び前歯を2本折り、つけ歯です。
● 飲み過ぎて記憶なくして運ばれたこともあります。
● 過去の私の写真を私に無断でインターネットに利用されたことがあります。
  (スケベ系のではなくデート写真)
● 親しい関係者または深い繋がりがなければ、名前と顔が覚えられないです。
● 嫌いな人には嫌いと言ってしまいます。または避けます。
● スマートフォンなど使い方が面倒なものは持っていません。
● 学生の頃、カレー店でのバイトをクビになっています。
● 好きな人に会うために海外に滞在したことがあります。
  (マイケルジャクソンのお墓や実家にも行ったことも)
● 30歳まで実家ぐらしでした。
● 中学校の先生達に嫌われるという暗黒の時代があります。
● 小学校と高校ではいじめを受けていたこともあります。



今まで私が生きてこれたのは、

自分に嘘がつけなかったからだと思います。

自分に嘘をつかないで生きていると、誰かが助けてくれました。

今ここに思いつく限りの恥ずかしい過去を

話せる友人達にありがとう<(_ _)> <3

私の役割

2015年12月27日 10:43

20151227

昨日のブログに掲載した内容(2015・12・27のブログ

を私も実践した結果をお話しします。

本屋さんの棚に並べられず、

下にポンと雑に置かれた本をみつけ手に取りました。

タイトルは「神との対話」サンマーク出版

ちょっとタイトルからして怪しいと笑いながら、

開いたページに写真の言葉が書いてありました。

もちろん購入(*^^)v

まさに私へのメッセージ本でした

皆さんが引き寄せた本がありましたら、

フェイスブックに書き込み下さい。

溝口智子
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010776409028

時間がある時に返信させて頂きます🎶